日々のこと

改修の解体工事

100119.JPG
井の頭の家の解体工事が進んでいます。
築19年程の木造の建物を改修する計画です。
図面上での検討では分からない部分を、解体工事と平行して検討していきます。
この辺りが、新築の計画より難しいところですが、
出てくる問題を一つ一つ解決しながら進めていくのは、臨場感があって面白くもあります。
しばし工事期間がつづきますが、着実に進めていきたいと思います。


左官・大工

100116_1.JPG
下目黒の家です。
着々と工事は進んでおります。
(棟梁に聞いたところ、思った以上に苦戦してるぞと言われましたが。笑)
さて、
今日はクライアントの立会のもと、左官工事の仕上がりの確認を行いました。
左官工事:コテで塗る仕上、下地の工事
仕上材として使用するのものとしては「珪藻土」とか「漆喰」などが一般的に知れていますが、実際は材料メーカーさんが商品として開発しているものが多く使用されています。
汚れにくい工夫がされていたり、
ひび割れが起こりにくい工夫がされていたり、
塗りやすい工夫がされていたり、
よく研究・開発がなされています。
これの実物サンプル(A4版の板に塗ったものなど)が建て主が見るサンプルです。
もちろん色も塗り方(模様)も選択できるのですが、ここが面白い。
各メーカーさんごとに塗り方のネーミングがなされているのです。
たいていはカタカナ名。
そのネーミングでお願いすれば、見たサンプルの壁が出来上がる、と、
とても、売りやすく、買いやすい、商品になっているのですね。
関係者も間違いが少ないので安心です。
ただ、実際に塗る左官屋さんからの視点は違います(たぶん)。
材料の調合、混ぜる骨材の大きさや量、使う道具の種類とその動かし方。
本来、仕上がり具合は無限に調整できるのです。
また逆に言うと、サンプルでつくったものと100%同じ仕上にはできないのです。
と、前置きが長くなりましたが、
言いたかったことは、
実際塗る職人さんとコミュニケーションがとれると、
微妙なニュアンスが表現できる、
ということ。
ということで、今日は、
もう少し表情をつけたい、とか、もう少し平坦に、とか、お願いをしつつ、
職人さんからのアドバイスも反映させつつ、
直接目の前で試し塗りをしながら、
最後はクライアントの確認をもって決定をしました。
上の写真はその様子、実際の仕上がりはお楽しみに。
100116_2.JPG
ついでに、大工さんの話。
写真はフローリングを張っている様子です。
隙間になにか挟まってません?
天然の木は湿気たり乾燥したりすると膨らんだり縮んだりします。
そのため、もし縮んだ状態で板をパツパツに張ったとすると、
木が膨らんだときに、全体として入りきらなくて弾けてしまうのです。
逆の場合は、板同士に大きな隙間が出来てしまいます。
そうなのです、そのためなのです。
予めある程度の遊びを設けるために、薄い板を挟んで張っているところなのです。
季節(乾燥しているとき、湿気ているとき)や樹種の特性を配慮して、
大工さんが微妙な調整をしてくださっています。これまた絶妙!
と二つのお話を書きましたが、
この辺りは、大量生産にはない職人の知恵、手仕事の面白さですね。
そして、建物の善し悪しに影響する大切なことだなぁ、と
改めて思った一日でした。


最終確認

091220.jpg
向台の家です。
年末に完成するのですが、事前の現場最終確認を行いました。
短い工期で仕上げたのですが、しっかりと出来ました。
ゆったりとしたあたたかい家になったと思います。
最後の雑工事を仕上げて、引渡しとなります。


解体スタート

091218-1.JPG
めずらしく都市部の夕景写真です。
といっても遊びにいったわけではありません。
ぐーっと寄ってみると、
091218-2.JPG
赤坂の事務所ビルの現場です。
既存建物の解体工事がスタートしました。
仮囲いのなかにオレンジ色の車が、2階レベルにいる解体中の重機です。
三角形の決して大きくない敷地ですが、なんといっても好立地。
六本木通りと外堀通り交差する角地なのです。
立地を活かして、下層3階に店舗、上階に事務所が入る、
10階建ての建物を予定しています。
いましばらく設計は続きますが、
いよいよスタートしたな、と実感が湧きます。
最後に、既存建物の写真。
091218-3.JPG


完成間近

091217_b.jpg
赤堤の家です。
外装も内装もほとんど終わり、
いよいよ足場をばらし始めました。
あとは屋上の手摺など、細々とした箇所の工事を残すのみです。
旗竿状の奥まった敷地ながら、南の空から光を取り込んで、
明るい内部空間になりました。
もう一息、気を抜かず完成させましょう。


屋根の上

091217_a.JPG
下目黒の家、屋根の上です。
打合せは、内部のことがメインになっていますが、
やっぱり登ってきました。
地鎮祭のときの地縄のラインのとおり、
斜めに振れた壁を境に二つのブロックに分かれた屋根になっています。
奥深く長い建物なのですが、このアングルはまた長く見えますね。
いまどき簡単に航空写真が見れるので、
屋根こそ気合いいれて下さい、などと言いながら、
いい仕事をお願いしてきました。


後半戦へ

091212.JPG
下目黒の家です。
屋根が葺かれつつ、サッシが取付けられ、断熱材が吹かれました。
この後いよいよ内部の造作にかかっていきます。
写真は天井の高い2階の様子です。
奥行きの深い敷地形状のなか、
大きな開口部、天窓や中庭など、内部に沢山の光を取りいれるように考えました。
斜めになった壁や段差もあり、工事のほうは苦労が多いと思いますが、
面白い空間になりそうだ、と意気込んでくださっています。
ひきつづき工事は続いていきますが、
丁寧に進行して、よりよいものにしていきたいと思います。


設計スタッフ募集

設計スタッフを1名募集します。
当事務所の活動に共感をもてる方で、
中長期的に腰を据えて働きたいと考える方を募集します。
新卒、経験者、問いません。
希望される方には、募集要項と履歴書のフォーマットをお送りしますので、
連絡先を明記の上、こちらまでご一報ください。
info@sakumastudio.com
(2010年、新春~4月からの採用を予定しています)
オープンデスクを募集します。
建築設計に興味のある建築関連学科に通う学生で、
仕事の経験を積みたい方を募集します。
-業務内容-
・模型製作、資料の製作補助など
・事務所内部の打合せへの参加
-待遇-
・無給(交通費支給)
-要件-
・建築模型製作の経験があること
・意欲をもって作業を担当する意思があること
-応募方法-
氏名、住所、電話番号、メールアドレス、所属、を明記のうえ、
オープンデスク希望の旨を、こちらまでご一報ください。
info@sakumastudio.com
確認後こちらから連絡を致します。


そてり庵

091130-1.JPG
091130-2.JPG
完成した東京ソテリアハウスに行ってきました。
だんだんひと気のある「家」になってきています。
写真上
アプローチの門柱にサインが付いていました。
ちょっとシャレを利かせて「そてり庵」(笑)。
センスのよいスタッフさんが、手作りで作ったそうですが、
なかなかどうして、堅苦しくなくて良い感じです。
写真下
メンバーが増えていました!
まだ生後3ヶ月で小さいのですが、大人になるととても大きくなるそうです。
とても人懐っこいので、しばし戯れてきてしまいました。


お問い合わせ