日々のこと

民芸品

先日、前から入ってみたいなぁと思っていたお店に行ってきました。
R0018161.JPG
青山のキラー通り沿いにあるグランピエさん。
インドの綿衣料や中近東の民具、東南アジアやアフリカの道具などを扱っているお店です。
注意していないと通り過ぎてしまいそうなほどに小さな店構えなのですが、
店先にまであふれてきている民芸品に誘われて、中に入ってみると、
思ったよりも奥に長い!
R0018162.JPG
R0018166.JPG
低く抑えられた天井の通路の先には、なんとも言えない大きさの
心地いいパティオがありました。
外に出された大きなテーブルには様々な国の道具や布ものが置かれていて、
東京にいることを忘れてしまいそうなほどでした。
特に目当てのものがあって入ったわけではなかったのですが、「キリム」という
トルコやイランの遊牧民が生活用品として織ってきたウールの平織りが好きなので
色々なデザインの柄を見ていたのですが、、、
出会ってしまったのです!
R0018168.JPG
柄は一切なく(めずらしい?)、藍色のほどよくくたびれた風合いが
たまらなく美しいキリムに(興奮気味でシャッターを切ったのでブレてますね)。
正確には「オールドキリム」と呼ばれるもので、30年以上前に織られたものなので、
使い込まれた分、色合いも落ちついた渋い味わいを出しているのです。
決して安い買い物ではなかったのですが、一生モノだと思い、購入。
また別の機会にディテールも紹介できればと思います。
長く使い込まれてきたものに存在する独特の味わい、温かさ。手づくりのものだからこそ
得られるものなのでしょう。
長い年月、トルコのどこかで大切に使われてきたわけですが、これからはその時間
と年月を受け継ぎ、一生大切にしていきたいと思います。
(A)


地鎮祭 自由が丘の家

自由が丘の家です。
いよいよ着工を目前にして、地鎮祭を執り行いました。
それにしても、こういう日は、よく晴れます。
110417.JPG
今日は、建て主さんの家族写真(お子さん)を撮ろうとカメラを構えておりましたが、
なかなか笑顔を捉えるのはむずかしい、笑。
次回お会いした時に採点していただこうと思っておりますが、
とりあえず油断している足だけ公開。
110417_2.JPG
ついでに、こっそりと事務所スタッフの(K)を激写。
110417_3.JPG
近日中には、このブログにもデビューしてもらいます。
役所の申請が下り次第、工事スタートです。
(S)
*前の(A)がイニシャルにしたので、とりあえずこれでいきます。


はじめまして

ということで再スタートです!事務所「BLOG」。
今までは「COLUMN」などとかなりのハードルでしたが、
これからは新年度ということで心機一転、
事務所の日常や日々の生活で感じたことを気ままに綴っていこうと思います。
たまに覗いていただけると嬉しいです!
まずはワタクシAから。
先日の日曜日、選挙の投票がてらに目黒川まで足をのばし、
満開になった桜を見に行ってきました。
R0018156.JPG
日曜日ということもあり道には人、人、人!!
もみくちゃになりながらもたっぷりと桜を満喫し、
自然のエネルギーをいただいてきました。
震災の影響により、お花見も自粛ムードとなっておりますが、
節度あるお花見であればよいのでは?
日本にいるのですから四季を感じることも忘れてはいけません!
なんでもかんでも自粛というのもどうかと思います。
そんなこんなで久しぶりに充実した休日をすごせました。
(A)


「BLOG」リスタート

そういえば、
新年度ですね!
目下のことで、新年度気分になり損ねていましたが、
満開の桜をみかけて、思い出しました。
今年は、震災のことで、自粛ムードではありますが、
私たちは、元気よくいきたいと思います。
元気は伝染していくものではないでしょうか。
さて、
このコーナーも始めてから2年が経ちました。
早いものです。
当初は、出来るだけ立派なことを書こう、と、
「COLUMN」
などとタイトルをつけておりましたが、
いつも間にやら、現場に行ったときの写真をのせて、
精一杯になっておりました。。。
そこで、この新年度を機に方向転換します!
web上のタイトルは、
「BLOG」
に変更。
もっと日常におこっていることを、ザックバランに書いてしまおう、
と思います。
そして、一人では心もとないので、スタッフにも書いてもらおう、
と思います。
当面は戸惑いながらの更新になるかとは思いますが、
少し様子をみていただけれると有り難いです。
あまりに調子が悪ければ、また軌道修正しますので。。。
それでは、
今後とも、宜しくお願い致します。
佐久間
*以降(S)、にするか、考え中。


建築家100の模型展 延長

お知らせそびれておりましたが、
リビングデザインセンターOZONE で開催されている
「建築家100の模型展」の会期が延長されています。
会期:5月10日(火)まで 水曜休館 10:30~19:00 入場無料
会場:リビングデザインセンター OZONE 5階 特設会場 
住所:東京都新宿区西新宿3-7-1 新宿パークタワー内
お問い合わせ: リビングデザインセンター OZONE TEL.03-5322-6500
◆OZONEで「建築家100の模型展」が開催中です(All About)
◆http://allabout.co.jp/r_house/gc/377129/
当事務所は「下目黒の家」の模型を展示しています。


少しでも前に

震災から、一週間が経とうとしています。
被災地ではなお、大変な状況が続いており、
災害対策に全力を尽くして下さっている関係者の皆様には、大変な敬意を表します。
首都圏でも、余震のこと、原発のこと、停電のこと、交通機関のこと、
先のみえない不安な日々が続いております。
今、私たちにできることは、小さいことかもしれません。
だからこそ、少しでも前に進むように。
混乱や不安をあおることのないように、
出来ることを進めていこう、と考えています。
110317.JPG
ここ数日、極力外出を控えておりましたが、
自転車で行けることもあり、工事中の善福寺の家にいってきました。
もちろん関係者からは無事を聞いていましたが、まずはひと安心しました。
材料や商品の流通にも支障がでているようですが、
ここでは、一部の照明器具が到着しない、程度のことでした。
商品の遅れは、工程に大きく影響してしまいます。
通常であれば躍起になって対応するものですが、
もちろん今回は、建て主さんにもご理解いただけております。
当たり前だったことが、うまくいかなくなっていることがあるかと思います。
ものが出来上がり、手に入るまでに、様々な人が関係をしていること。
今や、ボタン一つで何でも手に入る時代ですが、
改めて考える機会にすべきではないでしょうか。
善福寺の家、
少しの遅れはありますが、今月でおおよそ完成する予定です。


震災にともない

このたびの地震の被害にあわれた方々にお見舞い申し上げるとともに、
犠牲になられた方々とご遺族の方々に対し、お悔やみを申し上げます。
また、被災地の皆様が、
一日も早く普段の生活に戻れますよう、心よりお祈りいたします。
当事務所では、関係者全員の安否が確認できており、
本日3月14日、所員全員が無事に出勤出来ております。
また、現在進行中の工事現場でも、大きな事故がなかったとも、
合わせてご報告させていただきます。
当面の業務は、余震の状況、計画停電の影響や、
それにともなう交通機関の状況を見据えて対応していく予定です。


美しが丘の家

110307.jpg
webページのWORKSに美しが丘の家をアップしました。
大きな中庭や他、外構工事が進んでいますので、
機会があればまたご報告したいと思います。


善福寺の家

110224-1.JPG
110224-2.JPG
善福寺の家です。
ここまで紹介する機会を逃していましたが、
現場のほうは、もう内装工事に入っています。
2階には、天井の高さの違った、いろいろな居場所があります。
まだ、内部の足場がたくさんあってうまく写真がとれませんでしたが、
完成が楽しみです。


三角の先端

110218.JPG
赤坂の事務所ビルです。
いよいよ終盤に入ってきました。
三角のとんがった敷地に建つ、三角の建物。
そのかたちを表現して、建物の先もとんがっています。
写真は、その先端部。
柱が微妙な位置に通る中、雨を防ぐための「笠木」がのっています。
(写真は養生のテープなどが貼られた状態)
3枚に分かれたパネルが、絶妙に合わさりました。
きれいに仕上がりそうです。
サッシも取り付いたので、外回りを固めつつ、内装工事の詰めに向かいます。
来月には足場もばらされ、いよいよ外観があらわになります。


お問い合わせ